読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の踵がなかなか減らない日記

赴くままに書いていきます。

体の為のルーティンワーク

運動、健康
毎日
1.寝る前のストレッチ
2.片足立ち1分x2
3.腕立て伏せx20
週一
1.10kmランニング

10km

今日も10km走り切りました。

先週より楽だった気がします。

 

継続は力なりで頑張ります。

今年の目標

20kmを走れるようにする。

家から20分程自転車で走った所に手賀沼がありまして、そこがひと周りでほぼほぼ20kmになることから、これを8月までに走れるように頑張りたいと思っています。

 

【走行距離】

1/04 7km

1/15 10km 

zabadak 【遠い音楽】

音楽 日記

 

2017年初視聴アルバムはこれでした。

 

f:id:cokumbiacrest176:20170103002233p:plain

 

1990年に出たアルバムということで、僕と同い年。

 

最初にzabadakに出会ったのは高校生の時でした。当時文化祭で演劇をやろうという話になり、クラスで選んだのが演劇集団キャラメルボックスの風を継ぐ者という演目だったのですが、その劇中曲を担当しているのが吉良さんでした。エンディング曲の「駆け抜ける風のように」がとにかく大好きになってよく聞いたのを覚えています。

 

このアルバムは数あるzabadakの中でも最も幻想的な曲が多く、

タイトルナンバーの「遠い音楽」「二月の丘」「harvest rain」等が入っています。

よく音楽仲間内で、無人島に持っていくアルバムの話をしますが、僕は5枚選べと言われたら間違いなくこれを選びますね。

 

zabadakの魅力は何といってもケルト等の民族音楽やクラシックと日本のポップスが合わさった心地よい空気感にありますが、それが見事に融合されているアルバムだと思います。聴いていると、どこか遠い、北欧の当たりに行ってしまいたくなります。

 

最近ゲームのアイドルマスター内で作曲家の方に熱心なzabadakファンがいらしたらしく、遠い音楽がカバーされたのもあって認知度があがったとのこと。

 

昨年吉良さんが亡くなってしまったのが本当に残念です。

 

本当に色あせる事の無い、素晴らしいアルバムと思います。

ご興味があれば、是非手に取ってみてください。

 

 

初日の出at筑波山

日記

登ってきました。

 

高校時代の友人が、「どうせなら大変な思いをして初日の出を見たい」

と言い出したのが12月29日。

 

冗談だろと思っていたら家まで迎えがきました。それも23時頃。

皆千葉の人間なので、茨城へは1時間半ほどで到着致します。

 

適当に時間を潰して筑波山神社の市営第4駐車場に着いたのが午前3時。

そこから1時間ほど仮眠して登り始めました。

ケーブルカーは4時半から動くのですが、当然のようにスルーして御幸ヶ原コースへ。

筑波山自体は何度も登ったことがある山ですが、明かりが一切ないため、足元を照らしながら真っ暗闇をすすみます。

 

流石1日だけあって、普段山に登らないような人たちも結構います。

スニーカーや革靴を履いてばか騒ぎをしながら追い越していくのを、転んだり足場踏み外したりして痛い目見ないかなぁと思いながら横目に見ている僕はきっと心が綺麗ではないのでしょう。神社で心を清めてもらわねばなりません。

 

頂上に着いた頃には、ケーブルカーで先についた人たちも多かったです。

 

男体山の方角から日の出が見えるとあって、向かってみると大混雑です。

また、日の出後のケーブルカー待ちも、氷点下の中1時間30分くらいまったんじゃないかな。。。

 

ただ、運よく晴れたので、日の出も綺麗に見え、苦労して見た価値は

あったと思います。もう暫くは初日の出はこりごりだけれども。

 

メンバーが高校時代の同級生6人で行ったので、それが一番良かったです。

 

 

まとめ

・真っ暗闇の登山は結構大変

・元旦は普段山に登らない人も山に登る

・頂上はかなり寒く、ケーブルカー待ちが非常に長い

・いい場所は日の出の1,2時間前に埋まる。

 

 

 

 

ブログ始めました

こんにちは、わたくし中森と申します。

 

早いものでもう2017年となりまして、

日々忙しさにかまけて自分の考えをまとめたり、振り返る事をしなくなっていたので、これはまずいと思いブログを始めようと考えました。

 

つらつらと記事を書いていけば方向性も決まるだろうということで、

行き当たりばったりに更新ができればいいなと思っています。

 

音楽、ランニング、英語、インターネット(Security)などが多め