読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の踵がなかなか減らない日記

赴くままに書いていきます。

初日の出at筑波山

登ってきました。

 

高校時代の友人が、「どうせなら大変な思いをして初日の出を見たい」

と言い出したのが12月29日。

 

冗談だろと思っていたら家まで迎えがきました。それも23時頃。

皆千葉の人間なので、茨城へは1時間半ほどで到着致します。

 

適当に時間を潰して筑波山神社の市営第4駐車場に着いたのが午前3時。

そこから1時間ほど仮眠して登り始めました。

ケーブルカーは4時半から動くのですが、当然のようにスルーして御幸ヶ原コースへ。

筑波山自体は何度も登ったことがある山ですが、明かりが一切ないため、足元を照らしながら真っ暗闇をすすみます。

 

流石1日だけあって、普段山に登らないような人たちも結構います。

スニーカーや革靴を履いてばか騒ぎをしながら追い越していくのを、転んだり足場踏み外したりして痛い目見ないかなぁと思いながら横目に見ている僕はきっと心が綺麗ではないのでしょう。神社で心を清めてもらわねばなりません。

 

頂上に着いた頃には、ケーブルカーで先についた人たちも多かったです。

 

男体山の方角から日の出が見えるとあって、向かってみると大混雑です。

また、日の出後のケーブルカー待ちも、氷点下の中1時間30分くらいまったんじゃないかな。。。

 

ただ、運よく晴れたので、日の出も綺麗に見え、苦労して見た価値は

あったと思います。もう暫くは初日の出はこりごりだけれども。

 

メンバーが高校時代の同級生6人で行ったので、それが一番良かったです。

 

 

まとめ

・真っ暗闇の登山は結構大変

・元旦は普段山に登らない人も山に登る

・頂上はかなり寒く、ケーブルカー待ちが非常に長い

・いい場所は日の出の1,2時間前に埋まる。