僕の踵はなかなか減らない

未来の働き方を考える日記です。twitter ID:@shoteeta

マネーボール

本日の感想文はマネーボール マイケルルイス著です

 

 私はあまり野球に興味があるわけではないのですが、この本はすごく面白くてぐいぐい引き込まれていきます。

ブラッドピット主演で映画化もされており、そちらもおすすめですが、映画はどうしても主役のビリー・ビーン(ブラッド・ピット)を前面に出す必要がありますので、野球論としての主張を考える上では書籍を読んだほうがよいと思います。何しろ、主役が数十ページにわたり登場しないで、説明を行う章があるくらいです。

オークランド・アスレチックは、例えばヤンキースに比べて選手の合計年俸が半分にも満たない、なのに勝ち数はほとんど変わらないどころか他の球団を抑えてプレーオフ
する様は、きわめて費用対効果のよい投資だと言えます。この本は、野球を27個のアウトを取るゲームだと捉え、それぞれの選手が独自の評価方式で判定され、どの程度ゲームに影響を与える能力を持つのか、また、それぞれのプレーがどの程度ゲームを左右するのかを科学的に捉え、データをもとにゲームを構築したり、選手を獲得したりしていく様を描いています。試合結果はチーム作りによって全て確立論的にわかるということを立証しておりますし、またプレーオフ進出を目標として、PDCAサイクルを回していく過程は、ビジネスマン必見だと思います。
ただ、そのPDCAは選手を駒として扱う非常に打算的な要素を多分に含む為、拒否反応を起こす方もいらっしゃるかと思いますが、、、笑


根拠となるデータから判断すればあたり前のことが、既存の習慣や先入観、主観等で遮られ、正しい判断が出来ない。だからこそ資金繰りに苦しいチームが、金満チームに勝利することが出来るという主張は非常に痛快ですが、同時に、その新しい手法が世間で認められない、認められたいというビリー・ビーンの人間らしい背反的な心境も同時に描くことで、単なるゴリアテ的ストーリーとは一線を画す内容になっています。

…あまり本著の内容とは関係のない部分ですが、自分が中学生だったころ、そこの学校の野球部は、端から見ていてそれはそれはつらそうな練習をやっていました。まるで戦前の軍隊だとでも言わんばかりに野球に関係なさそうな(昔で言えばうさぎ跳びのような)練習や、失敗した際の監督からのすさまじい罵倒や人格否定のような発言すら平然と行われていました。(一年間で休みが10日もないような凄まじい練習をしていたにも関わらず、最後の大会は1回戦で負けてました)

考えるに、外からの意見ですが、野球というスポーツはアマプロかかわらず排他的な一面があるのでしょう。マネーボールが発表されたのは2002年ですので、もう15年くらい
立っています。著者が投じた一石が今現在どのようなものになっているかはわかりませんが、理性的で良い影響が日本にも到達しているとうれしいですね。

最後は若干投げやりになりましたが笑、今回の感想は以上としたいと思います。